コンテンツへスキップ

08/07(水)ラクダのデザイン

おはようございます。

かなり相場が荒れまくっている感じですね・・・。

環境認識をしていても、上位足と下位足が全く一致しないということで
昨日は久しぶりのノートレダム宮殿でした。


ノートレで資金を減らさないことこそ、大盛堂を作り上げる大切な手段です。

こんにちは十四楼です!

相場も天気も暑いですね!
今日はかなりの外出日なので、その間をぬって少しでも
トレード出来ればと思っています。


|今日の言葉

"英語のことわざに「ラクダは皆でデザインした馬だ」という言葉があります。全員の意見を取り入れるとろくなことがない、というような意味です(ラクダには気の毒ですが)"

トレードもこれは勝てる手法だというものを合わせまくると、
とんでも無い形になって勝てる手法から遠ざかっていくと思っています。

シンプルに何か1つの「勝てる!」ルールを見つけたら、
「どんなとき?」を考えてその条件を出します。

続いて、「どこまで?」というその「勝てる!」が有効な期間を考えます。

そして、最後に「どこから?」というエントリーを考えます。

それは自分で見つけたルールなので、自分のライフスタイルにピッタシ合った手法で
それを他人に勧めても、なかなか納得はしてくれないと思います。

自分だけの手法を極めて、それだけをやり続けててうまくいかない部分を書き出して、どんどん修正していくのがいいと思います。

年によっても、季節によっても、月によっても曜日によっても、トレンドによってもその手法の使い方は少し変わってくるかもしれないですが、相場がある程度ランダムなわけですから
ルールもそれに対応出来るくらいに作り上げていくのがいいと思っています。

エントリーしたら損切りか利益確定しかないわけですから
頑張る必要はまったくありません、ただ答えが出るのを待つだけです。
自分の感情で判断するのはマイナスです。

リスクリワードがしっかりしていれば、必ずプラスになるので
淡々とルールに沿ってトレードしていくのがいいですね。

ラクダのデザインの様にいろんな人のルールの寄せ集めや、自分の感情を入れ込んだルールではなかなか勝ち続けるのは難しいかもしれません。


本日も読んでいただきありがとうございます。

今週も相場の波に乗って行きましょう!

公開日 カテゴリー FX考察, お噺
アバター

十四楼について

FXの旅にでて、ガチトレと出会いぶっ飛びました! そこから相場を見て、研究と検証を行ってきて さまざま考え方、手法、メンタルのあり方を日々考えています。 勝つトレードより、負けないトレードが信条です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です