コンテンツへスキップ

06/30(日)マルチタイム フレーム

しとしと降る雨の日曜日
ちょっとセンチな気分の十四楼です。(うそ)

ブログの更新が遅くなってしまいました。
と言ってもトレードも出来ないので朝からずっと検証ばかりしていました
どんだけ暇なのか!?って話ですが、そんな日曜日です。


雨の日は紫陽花が綺麗です。紫陽花のような傘。


|マルチタイム フレーム

今日はマルチタイム フレームについて考えてみました。

どんな時にトレードすれば勝ちやすいのか?

これはズバリ、上位足と同じ方向に下位足も向いた時にエントリーすると
上位足の大きな波にうまく乗ることが出来て、綺麗に遠くまで
運んでくれると言われています。

下の図は右が4時間足で左が1時間足です。

4時間足のダウが上昇中で、チャネルラインを抜けた瞬間です。
そこで1時間足を見ると見事に20MAの上にローソクが乗っていて
200MAをブレイクしました。
このような状況でエントリーすると、4時間足のN字のトレンドに乗って
すんなりとロングトレードが成功したことになります。

すごくシンプルに考えると、下位足は上位足のブレイク場所に合わせて
同じ方向にエントリーすればいいということになります。

言い方をかえれば、下位足とは上位足のブレイクを細かくみる
タイムフレームだとも言えます。

 

今度は1時間足の下の15分足も入れてみました。
4時間はチャネルブレイクをしました。
1時間はすでに下に200MAがある状況ですがグランビルの法則2が出来ています。
15分足は200MAも超えていて、パーフェクトオーダーとなっています。

上位足から下位足までタイミングが揃っているので、ここでエントリーすれば
一気に100pips以上の下落を獲得出来たことになります。

下記の図は4時間足の下落の途中でやや揉んで、切り上げラインをブレイクした瞬間です。
1時間、15分足のパーフェクトオーダーと綺麗な連携が出来ています。

上位足のトレンドライン 抜けのタイミングを下位足でしっかりと見て
強い形でエントリー出来るで最高ですね。

マルチタイム フレームはFXを始めた時からずっと使っていますが
一つの画面で全てが完結しているガチトレとかは別として
ほぼ、普通のトレードにはなくてはならない考え方だと思っています。


|今日の言葉

"犬が散歩中に何度も振り向くのは「飼い主〜!楽しいね!散歩!飼い主も楽しんでる?!」と確認するためらしく、それを知ってからというもの、歩きスマホしながら犬の散歩をしている人を見ると少し悲しい気持ちになってしまう。"

— Twitter / @ui0723

よく犬を散歩している人を見かけると、ワンちゃんが飼い主の顔を
振り向いて見ている姿を見かけます。


楽しいね!

「飼い主〜!楽しいね!散歩!飼い主も楽しんでる?!」と確認しているとは
知りませんでした。

これって、FXの押し目なんかと一緒かもしれませんね。

だ〜っと下落していると思ったら、ピタッととまってプルバックしてくる・・・。

これって、トレーダーに「トレード、楽しいね!トレード楽しんでる?!」
「プルバックするから、次はしっかりエントリーしてね!」って
言っているように見えます。

そんな時に、スマホ見てたり、エロ本見てたり、肉まん喰ってったら
悲しい気持ちになってしまう。

トレードは集中して行なって行きましょう!


|今日の一曲

今日はあまり思いつかなかったので雨の日ということで、

吉田拓郎さんの「ある雨の日の情景」をどうぞ!
この曲めちゃ好きなんですよね〜!

 

 


本日も読んでいただきありがとうございます。

来週も相場の波に乗っていきましょう!

公開日 カテゴリー FX考察, 音楽
アバター

十四楼について

FXの旅にでて、ガチトレと出会いぶっ飛びました! そこから相場を見て、研究と検証を行ってきて さまざま考え方、手法、メンタルのあり方を日々考えています。 勝つトレードより、負けないトレードが信条です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です