コンテンツへスキップ

06/07(日)負けた要因を逆さに考える

こんにちは、一週間ぶりのご無沙汰です。

コロナ騒動が続いている今日この頃、皆様いかが
お過ごしでしょうか?

かなり暑い日が続いていますが、水分補給を怠らないように
過ごしていただければと思います。

今週、びっくりニュースですが、やっぱり
漫画家のジョージ秋山さんが5月12日に死去されていたことです。

「アシュラ」「銭ゲバ」「浪浮雲」「デロリンマン」
「捨てがたき人々」・・・。

数多くの名作を世に出しているが、読んだ当時は手塚治虫さんやさいとうたかをさん
諸星大二郎さんなど、大好きな作家を吹っ飛ばすくらいの衝撃で
言葉が出なかったのを思いだします。

中でも「アシュラ」は忘れられません。

中世の日本。飢饉によって食べ物はなく、主人公・アシュラを身篭っていた母親は、人間の死体を食べることで生き延び、アシュラを出産します。
しかし、空腹状態の母親からは母乳は出ず、母親は幼いアシュラを焼いて
食べようとするのです。
苦悩を繰り返しながら成人したアシュラの物語、衝撃のラストは圧巻です。

そして、「浪浮雲」はぼくのバイブル的な漫画でした。

多くの作品で僕を釘付けにしてくれた、偉大な作家であった
ジョージ秋山さんのご冥福をお祈りいたします。


|今週のトレード

今週は4トレード出来ました。

トレードのポイントを15分足や5分足に置くとすごく気楽で
それでいて、上位足でトレンドが起きているため
そこそこ大きく動いてくれてラッキーな週でした。

今週はよかったけど、来週も同じように続くなんて考えると
足元救われるので、来週からはより慎重なトレードをします。


|負けた要因を逆さに考える

「FXって難しい!勝てる気がしない!」

FXを数年やっていて呟いた一言です。

90%の人が負けているというのはわかる、これは難しすぎる・・・。

1)最初に自分の感情や勘でローソクの波を追いかけてトレード しても
勝てないと思いしらされる。

2)マルチタイムフレームで、大きな時間軸の方向と同じ方向に
小さな時間軸が向いた時を狙ってトレードする。
しかし、これもなかなか上手くいかず、同じ方向に何度もなるのに
これが正真正銘の同じ方向の流れというものを突き止められなかった。

3)自分の欲でトレードすればするだけ儲かると思っていたため
ここしかエントリーしないと決められない、絞れない。

4)大きな波に乗ることは出来たが早く利益を確定しないと、
また逆に行くのではという恐怖との戦い。
すぐに終了してしまい、コツコツどかんを繰り返すトレード。

 

長年トレードをしてきて、負けた全てのトレードは
上の箇条書きが原因で負けたと思っています。

 

では勝てている人10%のトレーダーは
この全て逆をやっていると考えてみました。

1)自分の感情や勘でのトレードはやらない。

2)大きな時間軸と小さな時間軸が揃うタイミングを
 ルール化してトレードする。

3)ここしかトレードしないポイントを絞る。

4)トレンドが終わる場所を決めて、利益確定のルールを守る。

上記の4つのポイントを時間をかけてしっかり作り上げる。
これが数年前に自分に課した事柄でした。

考えてみればすごくシンプル、無駄なものを削ぎ落とし
本質だけをルール化して、感情を入れずに行っていく。

正直どれも難しかったです。どれも時間がかかりますし
いまだに、完成なんて出来てはしません。

FX はこれだけやれば勝てる!なんてなくて
自分の感情のコントロールから、自分にあった手法、トレード出来る形や時間
決めた利益確定まで持ち続けられるルール。

これを自然と出来るように、エントリーまでをルーティン化していくことが
大切なので時間はかかっても、それがトレードだということだと思っています。


|今日の言葉

"目的は勝つことだけではない。準備をやり切ること。"

— 1日ひとつだけ、強くなる。 (中経出版) / 梅原 大吾

FXをやっていて、本当に90%は検証だと思うようになりました。

そして10%・・・が、いや3%くらいがトレードの割合になっています。

 

以前は、とにかくトレード出来る通貨!エントリーできる形を追いかけていました。
それって、本当に疲れる・・・。自分が欲の塊で、そんなに勝ちたいか?
そこまでしてもトレードしたいのか?と自分を客観視すると、笑っちゃうくらいに
ずっと相場をみて、エントリーのタイミングを探していたんです。

トレードが90%で、検証が10%という感じだったと思います。w

 

トレードが嫌いになったわけではないのですが、そんなことをやっている
自分が嫌いになりました。

なんか、理想のトレーダー像とは180度違っていました。

 

もう、勝つことやトレードすることをやめて検証して何か、
何でもいいから、1つ光ものを見つけられるよう研究をしよう。

そんな行動はトレードから遠ざかったにもかかわらず
自分の求めていた結果を見つけさせてくれた感じがしました。

本当に準備なんだぁ〜!検証なんだ〜と
求めているものの逆をやったら、求めているものが目の前に
現れた瞬間でした。

勝つことを目標にすると、勝つことから遠ざかる
準備をやり切ることこそ、欲しいものを手に入れるたった1つの方法
なのかもしれない。


|今日の一曲

今日の一曲は、アニメになった「浮浪雲」の主題歌で
吉田日出子さんが唄った「いとしのファニー」の映像です。

渡哲也さんがやった浮浪雲のドラマも夢中になって見ていた覚えがあります。

 


今日も、「FX十四楼」に来てくれてありがとうございます。

来週も頑張っていきましょう!
最高のトレードを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です