コンテンツへスキップ

01/08(水)シンプル環境認識

みなさま、2020年のお正月いかがお過ごしだったでしょうか?

仕事が始まっておとそ気分から目覚めた方も多いかと思います。

ぼくは、昔から続いている「東京探訪」の仲間との新年会ということで
東京駅集合からの皇居見学、北の丸公園を通って工事中の日本武道館を見て、
靖国神社で参拝。


初めて行った靖国通り、鳥居がでかかったです。

そして新宿で呑みという1日で14000歩も歩いた週末を過ごしました。

日本のお正月をとっても感じられたいい「東京探訪」でした。


|最近のトレード

これは新年初のトレードで2日に行ったものです。
いい感じにするすると落ちてくれたトレードでしたが
綺麗に1時間足のチャネルラインタッチで止まってくれたのがよかったです。

1時間足で200MAから帰りした場所で赤(20EMA)と青(30SMA)がクロスしたので
いい感じに落ちてくれました。
200MAから乖離した時は本当に狙い目です!


|環境認識

昔から環境認識に関しては何度か書いているのですが
めちゃシンプルに環境状態を把握する認識法を書いてみたいと思います。

どんなにエントリー法が良くても、利益確定法がよくても
環境認識がしっかり取れていない場所でのトレードは命取りとなります。

トレードの70・・・80・・・、いや90%は環境認識で決まるのでは
ないかと思っています。

それほど環境認識が出来ていると、トレードが楽しくなるし
これが分からずしてトレードは出来ないとも言えます。w

・・・・・・・

これはあくまでもぼくの環境認識法なのですが、ローソクの高値を2つ結んだ
トレンドラインを1本引きます。
このトレンドラインの下にローソクがある時はショートしか狙いません。
実はたったこれだけです。w

エントリーは青い切り上げラインを引いてそのラインをブレイクしたら
エントリーします。その時にMAもクロスしていたら尚いいです!

そして、トレンドラインを上に抜いてきたら、そろそろ上昇の勢いが
出てきたということでトレードはしないし、エントリーしている場合は
利益確定も考えていいかと思います。

下の図も、ほとんど同じようなパターンです。
トレンドラインを上に抜く、MAがクロスするなどに注意して環境を認識します。

トレンドライン、MAがクロスしたら200MA(ゴールド)から乖離している為
一気に上昇しました。
それでも200MAはまだやや下向きから水平ということで
ローソクは上下運動を繰り返しながら徐々に上昇していった感じです。

下の図の場合、大きなトレンドが出来ているわけではないので
スキャルで切り下げラインを引いてそのブレイクを狙っていくか
トレンドラインタッチからのロングを狙って行くくらいがいいかもしれません。

環境認識(20・30・200MAが傾いている場合)
1)ロングの場合は安値と安値を結ぶトレンドラインを引く
2)ショートの場合は高値と高値を結ぶトレンドラインを引く
3)トレンドラインの上にローソクがあったらロングのみ狙う
4)トレンドラインの下にローソクがあったらショートのみ狙う
5)トレンドラインをローソクが抜けてきたらノートレードor 利益確定


|今日の一言

"強くなる方法はね、

こだわりを減らすことよ。

あれもこれも捨てられない人は弱点を沢山もってるようなものよ。

どうしても譲れないものだけを支えにすればいい。
余計な飾りはいらない。

シンプルな構造の物ほど強度は高い。

心も同じなの。"

— ゲイの精神科医Tomy / Twitter

素晴らしい言葉です。

どんなモノでもシンプルなものは強いです。

いろいろまぜこぜにしても、それをシンプルにまとめ上げて
ルール化してしまえば、とても強くなるし誰でも使えるようになる感じがします。


|今日の一曲

最近レゲエを聴いていないなぁ〜と思って、いろいろ聴いていたら
やっぱりジギーマリーにハマってしまいました。
曲もコーラスも歌声もラップもめちゃかっこいいです。

Ziggy Marley And The Melody Makersで「Look Who's Dancing」

 


今日も、「FX十四楼」に来てくれてありがとうございます。
今週も頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です