コンテンツへスキップ

08/23(金)恐怖の無くし方

曇りの金曜日、皆様いかがお過ごしでしょうか?
おはようございます十四楼です。w

昨日は、昔住んでいた西荻窪の街を探索&呑みをしてきました。
西荻窪は面白い店がたくさん集まっている通りがいくつもあり
散歩していてもいろんな発見がある楽しい街です。

夫婦喧嘩の絶えない古本屋があるのですが、そこでずっと欲しかった
「打ち出の小槌」を手に入れることに成功しました。

他にもたくさんあるのですが、おめでたグッズがどんどん集まってきている状況です!

西荻でブルーズ呑み屋といえば「ほうぼう屋」はや27年の歴史があるお店です。
BBキングがお出迎え!

ブルーズ好きにはたまらない雰囲気です。
アコギライブなんかもたまに行われる店で、この街に住んでいた頃はよく伺いました。

女性のマスター(スーさん)、多くの飲み物、食事のメニューがあります。
最高のお店です。w
お近くに来られた方は是非!お立ち寄りください。
ほうぼう屋さんHP


|昨日のトレード
ポンオジを狙っているのですが大きなレンジですが、
ボラがあるので
いいポジションが来たら積極的に狙っていける通貨でした。
また、今日頑張りま〜す。


|今日の言葉

"13歳のときだった。6歳の妹にプールの横からどうやって飛び込むかを教えていた。妹は緊張していたので、とても時間がかかった。
大きな公共プールで、そばで75歳くらいの女性が泳いでいた。ゆっくり進み、時々止まってはこちらを見ていた。そうして自分が妹にプレッシャーをかけはじめたときに、泳いでこっちにやってきた。
妹は「だって怖いもん、怖いんだもん」と叫んでいた。すると女性はこぶしを強く振り上げて言った。「そうよ怖がるのよ! でもやるのよ!」
35年前のことだけど、そのことを忘れたことはない。衝撃だった。怖さをなくすことではないんだと、怖いけどやるんだ、ということを。"
(元記事: labaq.com (shin1-pから))

トレードでエントリーが怖いという意見を聞きます。

ネットで調べると、大概はロットが大きすぎるとかルールの検証が
甘いとか出てきます。確かにそれもそうですが、ロットも適正、ルールの検証も
しっかり出来ていたとしてもエントリーは怖いものだと思っています。

怖いというリスクと引き換えに、そのリスク以上のリワードを得れる可能性もあります。それをわかっていてもやっぱり怖い・・・。

結局は、「負けたくないから怖い」ということがわかったので
トレード1つ1つにまったく期待をしないことにしました。

負けるイメージは持たないけれど、勝つことを期待をしない。

僕の場合はそれだけで、全く恐怖心がなくなったのを覚えています。

どんなことだって、相手に期待するから違うことを言われた、されたら
怒りや悲しみにつながる。
最初から期待しなけらば、悲しみは生まれません。

相手を変えることは出来ないけれど、自分を変えることは出来ます。
相手だって、人に変えられたいなんて思っていません。
もちろん自分もです。
なので、自分で自分を変えてパワーアップしていくことが
とても大切だと思っています。

自分の感情よりも相場に従って環境認識の健康状態の
いい時に、いい形の波に乗ることだけと考えてトレードをしていく。

期待しなければ恐怖は消えて、ルールどうりのトレードを
淡々と行なっていける。
トレードは感情の部分が大きいので、そのコントロールを考えて克服
して行くことも大切だと思っています。


本日も読んでいただきありがとうございます。

今週も相場の波に乗って行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です