コンテンツへスキップ

08/22(木)記憶定着法

いきなり涼しくなって、よく寝れたとの声が多い今日この頃
みなさまいかがお過ごしでしょうか?

先日「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」を観て、また猫ブームが
高かまり、週末に里親募集会に行ってこようと思っている
十四楼です。

 


|昨日のトレード

昨日はポンオジがいい感じに反転する形となっていたので
狙ってみました。
反転のポイントって100MAや200MAで止められていて、そこを抜けたら
次にラインまでということが多いので、とってもわかりやすい部分があります。
山を越える形で、トップから入ってもいいし、明確なダウ理論で高安を下回るを
目印にしてからエントリーしてもいい。
そこを自分のルールで決めてしまったら、よそ見をせずにしっかりそれだけ
狙うのがいいかと思っています。


|今日の言葉

"人間が思い出せるのは、
* 耳にしたことの10%
* 目にしたことの35%
* 耳にして、かつ目にしたことの55%
* 言葉を言い換えたことの70%
* 言葉を言い換えて、実行したことの90%"

— InfoQ: トップスポーツチームの監督に教わる秘訣

これを理解すると、耳にして目にする、そして
言葉を言い換えて、実行することでほぼ記憶できるということになります。

そして勉強したあとに6分間の昼寝を行うと学習効率が上がるそうです。
一定時間、脳に情報が入ってくることなく情報の整理をする時間をつくることで長期記憶になりやすくなるのそうです。

そして、それを毎日反復練習するとしっかり長期記憶する部分の
脳に記憶されるとされています。

僕の場合は下記のような形を記憶することにしています。

トレンドフォローのパターン
1H:MAパーフェクトオーダー・トレンドライン ブレイク
5M:200MA下回って、トレンドライン ブレイクでエントリー

反転のパターン
1H:20・30MAクロス・トレンドライン ブレイク
5M:200MAブレイクでエントリー

この2つの形を何度も見て確認して、言葉にして耳で確認
100個ずつくらい探して、トレンドフォローと反転に分けて反復練習。

1時間足での確認と言葉で声をだしてのチェック、そして下位足の5分足でも
同じように目で確認、声にして耳でも確認そしてエントリー。
これが脳に記憶されて行くのでおすすめです。

相場は全て違う形ですので、大きなポイントだけを記憶していく
1つかけたら、不安でトレードが出来なくなるくらい、この形を嫌という程
見て行くのがいいかもしれません。


|今日の一曲

今日はニュース番組のエンディングで使われている
椎名林檎と宮本浩次さんの「獣ゆく細道」を!

 


本日も読んでいただきありがとうございます。

今週も相場の波に乗って行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です