コンテンツへスキップ

こんにちは十四楼です。

かなり涼しくなって来たかと思いますが、季節の変わり目
みなさまいかがお過ごしでしょうか?

新総理は菅さんとなりました。
大変な時期での総理ですが頑張っていただきたいです。

東京の新型コロナもだんだんと落ち着いて来た感じです。

このまま年末には終焉を迎えて欲しいところですがどうなるのか?

飲食店、旅行会社、多くのイベントなどなくなり
だれもが新しい生活様式に切り替えていると思います。

変化に順応出来るものだけが生き残れるとはよく言ったもので
昔のままでは厳しいので、新しい方式を考えて生き残って行きましょう。

 

そんなとき、家でじっくり出来る投資とかはいい仕事なのかと思います。

これからでも勉強出来ますし、FXとかは株の様な多くの資金がなくても
始められるので、是非考えてみていただければと思います。

さて、今週は月曜火曜とあまりいい相場でなかったために、
ほぼノートレードだったのですが中盤からいい感じにトレンドが出始め
いい感じにトレード出来ました。

まさに、待つのが仕事と言う感じでした。

 


|最近のトレード

こうやってみると、ほぼほぼ全て同じパターンのショート狙いばかりの
トレードが多いです。

ショートだけというのは大袈裟ですが、同じパターンだけを狙い続けると
やっぱり狙える場所、大きく取れる場所が明確になってきます。

それだけ、やりやすいトレードだけを出来る様になってきた感じがします。
日々さまざまな検証をしていますが、悩んでいる部分が一つでも答えがわかると
パッと目の前が広がる感じを何度も感じています。
これからも精進していきます。


|今日の言葉

『こういうときは、こうしておこう』というルールを先に決めます。それで実際に『これ違うな』と思ったら、その都度見直してルールを変えます。なんとなく生きていると、いろいろ迷ってストレスが溜まりますし、衝動的、感覚的に判断をしてしまって絶対に損します。

~ひろゆき~

 

とっても納得のいい言葉です。

何事にもルールを決めておくと、いちいち考えず行えます。

外出する時はここに鍵を入れる。
カバンに予備のマスクを入れておく。
忘れた友人の分も用意して、Suicaはここに入れて出かける。

そこにエラーが出たら、その部分を考え直して改善する。
その繰り返しで、言葉遣いから生活から仕事までスムーズに進みます。

トレードの場合も同じ様な感じだと言えると思います。

自分はこの形が出来たらエントリーして、こうなったら利益確定する。

こんな風にルールを作るが、ある時そのルールどうり行ったけど
負けトレードになってしまうことがありました。

何が原因なのか、細かくみておくと自分のルールにない部分で
いつもと違うパターンだったことがわかりました。

すぐにそのポイントの検証を始めると、やっぱりエントリーには
とっても大切な部分ということが判明!すぐに改善しました。

相場はとってもランダムに動くので、すべて同じ形にはなりません。
なので、自分の分身を10人用意するくらいの気持ちで
検証していって、ルールを検証し整えて行く。

こんなルールだよって人に話すと、めちゃシンプルなルールに
なっちゃうけど、そこに行き着くまで、ややっこしいところを修正し
無駄を削って削って磨き上げるって本当に大変な作業だと思います。

そうなってくると、次のエラーが出るまで淡々とそのルールで
トレードするだけなので、めちゃくちゃ楽になります。

いろいろ迷うストレスはないし、衝動的、感覚的に判断して
ルール外のことをすれば100%負けトレードになることが分かっているので
決めたことを破ることも一切なくなります。
(それでも破るのが人間ですが・・・)

全てにおいてルールをしっかり作るということがどれほど大切か、
それが仕事の決まり事と考えたら、やっぱり守ります。

自分で作ったルールを破るということは
自分を信用していないし、検証を適当にしていた
ってことになっちゃいますからね。

納得のルールを作って、ストレスフリーのトレードを
して行くことがほんとに理想だと思います。W

 


|今日の一曲

今日はトラヴェリング・ウィルベリーズの「Inside Out」です。

初期のウィベリーズはボブ・ディラン、ジェフ・リン、トム・ペティ、
ロイ・オービソン、ジョージ・ハリスンというメンバーでのバンドですが
それぞれ契約レーベル(レコード会社)が異なるため、サングラス着用変名使用という奇策(?)によって実現した奇蹟のスーパーグループです。

ファーストアルバムが大成功だったのですが、心筋梗塞で突然ロイ・オービソンが
亡くなりました。涙
そのため、コンサートツアーも夢物語となってしまいました。
アルバムはThe Traveling Wilburys, Vol. 1と Vol. 3が出ていて
Vol. 2はなぜか出ていません。

1988年12月に急死したロイ・オービソンの後釜としてデル・シャノンが参加して
”Vol.2”をレコーディングした。しかし、デル・シャノンが1990年2月に自殺したため、Vol.2はお蔵入りとなったという噂まであります。

その後、30年以上たちジョージハリスン、トム・ペティも亡くなってしまいましたが
この2枚のアルバムはいまだに聴き続けています。

 


今日も、「FX十四楼」に来てくれてありがとうございます。

来週も頑張っていきましょう!
手洗い、うがいと、最高のトレードを!

ご無沙汰したいます、十四楼です。

暑い日が続きますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

沖縄、九州の方はめちゃでかい台風が来ていてとにかく

命を守る行動をしてください。

地球温暖化でトンデモナイ天災がいつ何時来るかわからない時代です。
これだけは誰に文句を言っても解決する問題ではありませんから
出来る限り安全に過ごす方法を考えていくしかないです。

今できる最善のアイディアで暮らして行きましょう。

・・・・・・・・・・

ブログの更新を渋っている間に安倍総理が辞任されたそうで

あれだけ安倍やめろ!と言っていた人たちはしら〜って感じで
静まりかえっちゃいました。

いろいろな汚点ばかり突かれていますが、とりあえずは
お疲れ様と言いたいです。

本当に忙しく、野党からは文句ばかり言われ、胃に穴の開くくらいの
ストレスに耐えながら頑張ってくれたことには感謝感謝です。

どんなに頭に来ても、呼吸法で数秒間ゆっくり息を吐くと
ストレスがたまらないと言っていました。
トレードにも心を落ち着かせるためにいいかもしれないですね。

ありがとうございました。


|最近のトレード

最近は、全然いいトレード出来ていないのですが
こうやってみると、綺麗なブレイクを捕らえられているところもありで
まぁまぁということにしておきます。

9月は頑張って行きます!


|頭の中をまとめていく

最近はFXのことを1つひとつまとめて行っています。

これ、めちゃお勧めなんですけど自分のやっているトレード手法を
相手にわかりやすくまとめて行く。

エバーノートでもパワポでもワードでも手帳でも何でもいいんですけど
まとめるって物凄く自分の理解度が高まる感じがします。

たとえば「資金管理」についてまとめて行くと、様々な書物やブログにHP
何かを参考にするので、めちゃ読みまくるんですね。

そして、だんだんと頭の中で「資金管理」って一言で言えばどういうことなのか?
という答えが見つかってきます。

その作業をするまで、なんとなく漠然と「資金管理」って大切!

くらいにしか思っていないのですが、その項目をまとめることによって
いろんな点と点が結ばれてきて、だから勝率が大切だとか、損益率が必要!とか

バルサラの破産確率の使い方や説明をまとめて自分の言葉で書いて行くことで
とっても理解度が深まる感じがしました。

勝率60%の人は40%の負けトレードをします。

実はこの勝ちよりも負ける率がとっても大切で、40%負けるわけなので
4回立て続けに負けることもあるわけです。

最悪はそれを2回続けることもあるということです・・・。

資金が100万円で1ロットでトレードしていて、4時間足トレードで
30pipsの損切りで3万円負けを4回続けると12万円負けてしまいます。

それが最悪8回つづくことがあると考えると24万円負けるわけです。

つまり100万円から24万円なくなって、76万円になってしまいます。

これって、絶対に心折れますよね・・・。

もし、2ロットだったら48万負けで、100万円の資金が半分に
なってしまいます。

だったら、0.5ロットだったら12万円・・・。

資金の10%を超えると人は精神的に安心出来なくなってきます。

そいうやって、自分が耐えられるリスクから考えてトレードの
資金管理を組み立てると凄くいいという事がわかりました。

得られる喜びよりも、失う怖さを第一に考えること。
自分の手法の勝率をしっかり出す事。
損益率(利益が出たトレードの利益額と損失が出たトレードの損失額の比率です。)

これをしっかり理解してからでないとトレードって怖くて出来ないですよね。

勝率がいいからってトレードしていても資金は増えないのは
資金管理をしっかりと理解できていない部分なのかもしれないです。

数字や%が出たら、自分の手法をもっとバージョンアップさせるとか
ロットを工夫していくなど、いろいろ面白く資金管理を研究しても
楽しいとおもいました。

 


|今日の言葉

“仕事についての名言というと、ここ最近よく思い出すのは、ふかわりょうさんが某バラエティ番組で言っていた、「自分が休業するとね、どんどん代わりが出てくるんだよ。どんな仕事でも誰かが代わりをやる。最初は、あ、これ俺じゃなくても、誰でもよかったんだなぁ…って落ち込んだんだけど、だんだん、それだけじゃなくてね、そうか、その仕事は、誰でもよかったけど、あえて俺に振ってくれてたんだな、ということに気付くようになったんだよ。そういうふうに考えるようになると、誰にでも出来るような仕事こそ、大事に、一所懸命やらきゃいけないんだって思えるようになりました」です。”

 

先日、ダルビッシュ投手が絶好調の理由をテレビで語っていました。

ずっとイマイチの成績で、なんとなく家に帰ったら奥さんに
自分と結婚してから、ダルビッシュの調子が悪いことについて悩んでいると
打ち明けられたそうなんです。

自分の調子が悪いのを、自分のことのように思ってくれている人がいる。

そこで男としてこれは情けないと、ダルビッシュさんは火がついたそうで
それから一気にサイ・ヤング賞の候補になるまで絶好調となっているそうです。

 

 

ふかわりょうさんの言葉もそうですが、当たり前のことって実は当たり前ではなくて
その周りに必ず支えてくれている人がいる。

それに気づいて初めて自分はその人の期待に応えられているのか?

そんな風に自分を客観視出来るよになって初めて、変わって行くのかも
しれないですね。

やっぱり必死ということは、何か変わるきっかけになるモノなのかもしれません。

 


|今日の一曲

今日は70年代のファンキーさがカッコ良くて、9月にもなったので
Earth, Wind & Fire - Septemberです。

以前、Earth, Wind & Fireは来日のたびに仕事の依頼がきて
ずっとポスターを作っていました。

そして、Liveも毎回観させていただいたのですが、めちゃ演奏上手いんですよね。
コーラスも最高でした。

メインボーカルのモーリスホワイトは亡くなってしまいましたが、いまだに素晴らしい
ステージを行っていると思います。

また来日してきて欲しいところです。


今日も、「FX十四楼」に来てくれてありがとうございます。

来週も頑張っていきましょう!
手洗い、うがいと、最高のトレードを!