コンテンツへスキップ

こんにちは、台風は大きな被害をもたらしました。

全国で少なくとも1万6000棟以上の住宅が水につかり、
1600棟以上の住宅が全半壊や一部損壊の被害を受けたそうです。
被害に遭われた方、お悔やみとお見舞いを申し上げます。

台風に地震、土砂災害に津波と多くの災害が日本は起こります。

そんな国に住んでいると覚悟して生活していくことが
本当に必要だと思います。

食料に水、電池にライトは必ず常備しておきたいもです。


|昨日のトレード

昨日は久しぶりのトレードとなりました。
本当はもっと早くからエントリー出来たのですが
自分の中でのルールが厳しすぎるため大きなチャネルブレイクからの
エントリーとなりました。

シンプルに1時間足でMAがパーフェクトオーダーになっていて
いい感じの押し目を作ってくれているので、15分足でのMAクロスでエントリーと
考えれば狙いやすいトレードだったかもしれませんが、かなりの安全パイで
15分足チャネルラインブレイク狙いとなってしまいました、


|今日の言葉

井の中の蛙
大海を知らず
されど空の青さ(深さ)を知る

なんか人をバカにしたような言い方で、「やつは井の中の蛙だよ」なんて
使われることが多い感じがします。

「狭い世界に生きて広い世界のことを知らない」という意味のことわざですが、実は後になって「されど空の深さを知る」という続きが作られたそうです。

「狭い世界で一つのことを突き詰めたからこそ、その世界の深いところまで知ることができた」ということをあらわしています。

だとすれば、トレードだと1つの手法を見つけてしまえばそれだけで
相場の世界の深さを知ることが出来ると考えられるわけです。

 

リチウムイオン電池を開発した旭化成名誉フェローの吉野彰さんが
ノーベル賞を受賞されました。
物凄い知識と研究の末に出来上がったリチウムイオン電池ですが、
言い方を変えれば、この電池だけを鬼のように追求していった果てに
青天井が待っていたという感じに思えます。

成功の秘訣を聞かれると、「柔軟性と執着心」を挙げ、「研究成果が必要とされる未来がくるか。ゴールがあると確信を持てれば、少々の苦労はあっても必ずやり遂げられる」と胸を張った。

この執着心とは「特定の物事に執着する気持ち、強い拘り。」という意味だそうです。

たった1つの手法でも執着心を持ち検証していけば、物凄い勝率の手法と
なり得るのかもしれないです。
ぼくもガチトレ、MA、チャネルなどを用いた自分なりの手法を
柔軟性と執着心をもち検証していきたいと思っています。


|今日の一曲

珍しいビデオでマイルスデイビスとマーカスミラーが
トークをして「Mr.Pastorius」を演奏するという凄い動画です。

マイルス今見てもカリスマ性がビンビン伝わってきます。w
凄い演奏です!!


本日も読んでいただきありがとうございます。

今日も相場の波に乗って行きましょう!

こんにちは、十四楼です!
ついに10月突入!

みなさまトレードの方はいかがでしょうか?
勝ったり負けたりで今年も今月をいれてあと3ヶ月です、
残りの月は今まで以上に力を出し切っていきましょう!

最近は毎朝ネコの運動会で、身体の上走り回られ
起きるという日が続いています。w

やっぱり子供って元気ですね!
本当に疲れを知らないのが凄い!

やっぱ、やるわなぁ・・・。

昨日は2トレードくらいしましたが、ずっとレンジ相場だったため
10pips以下のスキャルのみでした。

それでも、昔だったらムキになって頑張ってトレードして
結局は資金を減らして終了ということが多かったのですが
今では、ここは行けるか?という局面しかやらないため
レンジをスキャルしても、失敗ということが少なくなって来て
本当に今までの負けトレードから多くを学んできたなぁ〜と
思う今日この頃です。

 


|今日の言葉

"すなわち「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」ことが物事を成就させ、思いを現実に変えるのに必要なのです。"

— 生き方 / 稲盛 和夫

なんでもポジティブという感情は必要ですが、物事の計画の中には
最悪のことを想定しておくということがなんでも必要に感じます。

それが将棋であれ、原発であれ、彼女とのケンカであれ全てに
最悪の場合をイメージして言葉や行動を考えることが大切なのかもしれません。

FXの場合は常に公平に相場をみて、自分がショートしたいというイメージや計画だけの
トレードをやっていると、痛い思いをすることが多いです。

何に対しても、正義や正解よりも優しさが一番強いのかもと思います。

 


本日も読んでいただきありがとうございます。

今日も相場の波に乗って行きましょう!

気持ちのいい朝、おはようございます!

ようやくMac復活で、バタバタしていますが
これからのトレードの形をどのようにするか考えている十四楼です。
みなさまいかがお過ごしでしょうか?

仕事に使うMacと、その隣にMacBookをトレード用にして
モニターを別で大きな画面でトレードを観れるようにしたいと
考えています。

仕事用のMacの画面を切り替えてMT4 を見るのは
やっぱりかなりしんどい感じです。w


|昨日のトレード

おとといは夕方にボウリングに出かけたためノートレで
昨日はポン円を1トレードしました。

15分足で3度止められている安値をブレイクしてきたので200MAまで
狙ったトレードです。
1時間足を見るとまだまだMAは上むきのため、大きくプルバックがある局面
あまり欲をだすと失敗するので、いいとろこでサクッと勝ち逃げがいいパターンだと
思いました。


|今日の言葉

“闇(やみ)について、多くの人は「闇は存在する」と漠然と考えている。しかし、闇に光が当たると、闇はたちまち消えうせる。闇がどこか別のところに移動したわけではない。つまり、闇は始めから存在しなかったということである。闇は「光の欠如」ということであって、闇と呼ばれる「なにか」が存在するわけではない。”

— 無明 - Wikipedia (via nemoi)

この言葉、妙にしっくりきました。

トレードで、やたら損切りにかかったり、なんか上手くいかない時って
まだその相場に光が当たっていないのにエントリーを急いで、自分の欲だけで
トレードしていることが多い感じがします。

その欲はとなりに置いておいて相場に光が当たって
しっかりと上もしくは下に動くと答えが出た時のみエントリーすれば
光の差す方に相場は動き出すものだと思っています。

光の当たっている相場

そこだけトレードすればいいんだなぁ〜と感じた言葉でした。


|今日の一曲

今日は僕が今夢中になっているというか、追っかけするかと決めた
芸人の顔をもつミュージシャン。

昭和ムード歌謡を現在新しい形で展開している
タブレット純さんの「そんなことより気になるの」をどうぞ!名曲です。w

 


本日も読んでいただきありがとうございます。

今日も相場の波に乗って行きましょう!

こんばんは、世界の十四楼です。
(直訳すると世界のシロウト・・・)

今日は午後から有楽町のよみうりホールで行われた
神田松之丞さんの講談を聴きに行ってきました。

いやぁ〜、着物を着て来ている人もちらほらでいい雰囲気でした。

しかし、よみうりホールは1100人くらい入る会場なのに
落語ではなく講談でその数って今まではあり得ないことです。

どんだけ、松之丞さんって凄いんだって感じです。

数年前には下北の小さな小屋でよく聴きに行っていたのですが
たった数年でこの動員数の人気はちょっと異常です・・・。

演目は「徳川天一坊」で、コレがまた凄かったです。
会場ではピースの又吉さんを見かけました。


|昨日のトレード

昨日は環境的にもあまり良くない感じのポン円を1トレードしました。
なんとか5分足のトレンドライン ブレイクからチャネルトップまでで
綺麗に利確出来たので満足です。
雇用統計もあるので、あまり手が出せない相場で、そのまま終了しました。


|今日の言葉

先入観は可能を不可能にする
大谷翔平

FXをやっていると、コレはいい、コレはダメという
決まり文句がよくあります。

環境認識は上位足から見ないといけない
損小利大 がトレードの基本
トレンドに逆らったエントリーは良くない
ナンピンをやってはいけない・・・・。

果たしてそうなのでしょうか?

実際に自分で決めたルールでナンピンをうまく取り入れている人もいるし
逆張りの方が勝率がいい人、環境認識を1つの時間足やる人もいます。

つまり、ダメというのは他人の意見ですが、自分はそれをダメと思わないのなら
まったくどんなルールだろうと構わないと思っています。

ボウリングだって、タイミングの取り方が変な人でも
パーフェクトゲームを出すことはよくあることなんです。

つまり、過去の常識は現代での非常識ともいえる。

しっかりした自分だけのルールを作れたら、それが他人から見て変でも
全然いいと思っています。

変な先入観にとらわれない方がいいし、柔軟な考えの方がいいですね。


|今日の講談:神田松之丞

松之丞さんが講談で大リーガー大谷翔平選手を語っているものがあります。
これまたいいリズムの語り口で、どのように大谷選手が二刀流を武器に
戦ってきたのか?

ぜひ松之丞さんの講談、お聴きください。

 


本日も読んでいただきありがとうございます。

来週も相場の波に乗って行きましょう!

良い週末を!

おはようございます。

久しぶりに二日酔いの十四楼です。

みなさまいかがお過ごしでしょうか?


|昨日のトレード

昨日は夕方から呑みに行くのでトレンドの出来ている通貨をさがして
できる限り長く放置しておきたいと思ったところで、ポン円の4時間足が
めちゃいい形だったため、15分足で200MAをブレイクしてグランビルの法則2を
作ったところからエントリーしてほぼ出かけるまで放置というトレードでした。
エントリーしてすぐにプルバックしてきたのですが、損切りラインを切られるまでは
我慢、これが本当にどれほど大切かを感じたトレードでした。


|今日の言葉

思いもよらない才能が自分の前に出現した時、人はどうすれば良いのでしょうか?

1)敵と見るか?

2)ライバルと見るか?

3)自分は自分、他人は他人と無視するか?

私の取った行動はその3つのいずれでもありませんでした。

正解は『師と仰ぐ』でした。

将棋の世界の話で恐縮ですが、

今は将棋連盟の会長をしておられる米長邦男さんは、数々のタイトルを取りながら
将棋の最高峰の”名人位”には手が届かないでいた40代後半の時期に
当時の若手で、どんどん頭角を表して来た現名人の羽生善治さんの存在を驚異に感じていました。

私と同じで、米長さんは菅野ショックならぬ『羽生ショック』を受けたのです。

その時、彼の取った行動は、はるか20才以上も年下の羽生さんを『師と仰ぎ』
ベテランのプライドを捨て、これも羽生さんよりもっと若い棋士達の勉強会にも
参加して、羽生さんの棋譜(将棋の記録)の研究を始めたのです。

「羽生みたいな若造に何が出来る?」

何て思わずに、謙虚に現在の自分の実力を知り、
新しい才能の出現に畏怖すると同時に
尊敬する事によって自分のスキルアップを目指したのです。

音楽の女神〜菅野よう子さん より


対局を終えた故 米長邦男名人

自分の周りからはなんでも吸収し、いらんプライドは捨てて謙虚に学ぶ。

なかなか出来そうで出来ないです。

ぼくはかなりFXのブログとか回って読むのですが
手法やインジケーター云々よりもやっぱり考え方がしっかりしている
トレーダーの方は多く存在していて勉強になります。

へんなプライドとかは小学校2年で捨てているので
考え方のすごいトレーダーはやっぱり『師と仰ぎ』たいと思っています。

無料で師が作れて、トレードに関して学べるっていい世の中です。

今日も自然体で相場を見ていきたいと思います。


|今日の一曲

僕が観に行った外国アーティストで一番行ったのがやっぱりジェームズブラウンです。

もちろん、最高のアーティストで師と仰いています。w

JBのライブで3時間近くやって5曲しかやらないとかザラで
それでも観客を最高に盛り上げるパフォーマンスが凄かったんです。

とにかく、JBのステップ、ダンス、マイクパフォーマンス、
そしてバックミュージシャンとの掛け合いが絶妙で、
CDではなくJBはライブが兎に角凄い!

プリンスもマイケルジャクソンも子供の頃から
ジェームズブラウンを真似ていたと言います。

今見ても、JBのステップは神がかっています。
二日酔いで弱っている時は、JBを聴いて復活するのが日課となっています。w

 


本日も読んでいただきありがとうございます。

今日も相場の波に乗って行きましょう!

2

昨日はかなりの大雨になり、雨の中を夕方からボウリングに向かった
十四楼です。おはようございます。

この根性を少しでもFXにもと思っている今日この頃です。

アルゴアさんの「不都合な真実」を読んだのはもう10年も前になります。
ゴアさんが30年以上の年月をかけて取り組んできた環境問題に関する
研究成果のすべてが収録した本です。

温暖化によって引き起こされる現象が単に海面上昇にとどまらず、生態系の変化や
海流の激変による気象の激変につながる可能性を示唆しています。

今日もバハマはハリケーンで「壊滅的」被害の全容不明とのニュースが出ています。
日本の九州地方での大雨に関東でもバケツをひっくり返したような大雨でした。
(そんな中、のんきに洗濯物を干していたぼく・・・。(バカ))


ハリケーン追跡部隊「ハリケーン・ハンター」は30日、
空軍機でハリケーン「ドリアン」の中心で渦巻く目の中に飛び込んだ。

 

地球が悲鳴をあげています。
とにかく、小さな環境問題でも自分で出来ることはやって行こうと思います。


|昨日のトレード

昨日はポン円のフラッグブレイクを1トレード狙いました。
上位足ではレンジ状態からのブレイクという感じでしょうか。
チャネルタッチまで取れてよかったです。


|MAの形

FXを始めた頃、最初に気づいたのはMAのクロスです。

※下記のMAは赤が20EMA 、青が30SMA、ゴールドが200EMAです。

ロングを例にすると、MA2本がクロスしてローソクが
20MAの上に来たらロング!

そのうちに上位足のMAも表示されるようになり200MAを追加したり、
MAの向きを見るようになりました。

20と30MAがクロスして200MAから乖離している場合は?
20と30MAがクロスしたけれど、向いている方向が違う場合は?
いろんなパターンをジャンル分けしてみていきました。

手を出してはダメなのは、クロスしてもMAに方向感がないパターンです。

方向感がないと、ずっとレンジです・・・。

MAがクロスしても向いている方向が違うとすぐにプルバックしてきています。

これは絶対にエントリーしたい、3本のMAが接近して、綺麗に同じ方向に向かって
います。MAパターントレードの鉄板の形です。

MAも地球の生態系と同じように、綺麗な形の時もあれば、ゴアさんのいう悲鳴をあげている方向感のない形もあります。

方向感のない形でのトレードは資金に大きな被害をもたらします。
不都合な真実をしっかり理解し、綺麗な形の時のみトレードしていきます。

地球の歴史の中でも同じように地殻変動を何度も繰り返しています。
それがサイクルなのかもしれませんが、人間が原因を作っていると考えると
とても悲しい出来事です。

つねに地球のことを考えた生活をして行こうと思いました。


|今日の言葉

"消防士さんを父に持つある方が
「人が見てないからと言って、恥ずかしい格好で寝るな」
と幼い頃から言われてきたそうです。
というのも、消防士として仕事で駆けつけると
みなとてもひどい格好で家から出てくるみたいなんです。
この話はいつまでも私の中に残っています。"

— ほぼ日刊イトイ新聞 - おとなの小論文教室。

消防士の写真集がバカ売れな変な時代です・・・。

 

この話は、しっくり来ます。

人は誰もが、人に見られていない場だと緩い部分があります。

それはトレードでも一緒で、ルールはつくっても誰も見てないからといって
簡単にそれをやぶったり、気分でトレードしたり・・・・。

よく、生活全般をあらためないとトレードは勝てるようにならないといいます。

勝手な解釈ですが、それは誰にも見られていない場をどう過ごしているのか?
が大きなポイントだと思っています。

その生活の1つ1つを人に見れても恥ずかしくないように過ごしていれば
トレードも同じように、ルールに基づいたトレードを行なっている
ことになるかと思います。

ちょっとした場面で、ルール以外のスキャルやったり利確目標に到達したのに
ずるずるそのままトレードを繰り返したり・・・。

あっ!全部自分なんですけどね・・・。

心改めて、誰に見られても恥ずかしくないトレードをして行くようにします。
不都合なトレードは自分しか治していけないですからね。


本日も読んでいただきありがとうございます。

今日も相場の波に乗って行きましょう!

なんとなく曇りの火曜日、昨日のような猛暑はなさそうですね
おはようございます、十四楼です!

先日の大坂なおみさんとガウフ選手(15歳)の試合は盛り上がりました。

15歳という年齢で彗星のように現れたガウフという少女に、
全米が注目していいました。

結果をいうと試合は6―3、6―0のストレートで大坂なおみ選手が勝ちました。

ある意味ではあっさりと試合は終わったわけですが、しかし、
ドラマはそこから始まったのです。

試合後のコートで健闘をたたえ合った両者。

そして一度それぞれがベンチに引き揚げた後、コリ・ガウフは大坂なおみに圧倒されて悔し涙に暮れていました・・・。

そんなコリ・ガウフの元へ歩み寄って行った大坂なおみ選手は何やら
コリ・ガウフに一生懸命語りかけています。

大坂なおみ選手はガウフと一緒に
インタビューを受けたいと言っていました。

コートインタビューは勝者だけが受けるもので、敗者も一緒になって行われたコートインタビューなんて、今までの長いテニスの歴史の中で一度もないでしょう。

そこでコリ・ガウフは一度は断ったわけですが、大坂なおみが再度、

「あなたと是非一緒にやりたい」

 

ラケットを片付けようとしている彼女のもとに近寄ると、オンコートのインタビューをいっしょに受けようと誘った。「人前で泣くのは好きじゃないし、どうしたらいいかわからない」と最初は断っていたガウフだが、説得されてマイクの前に立ち、泣きながらも自分の声をファンに届けた。

ガウフはオンコートインタビューで「この試合から学ぶことがたくさんある。私にはダブルスが残っている。なおみ、今日は本当にありがとう」と涙ながらに語った。

大阪なおみ選手のやさしさがとても見える試合でした。

大阪なおみは、コリ・ガウフをインタビューに誘った理由を、
「きょうのお客さんはほとんどがガウフを見るためにやってきた。
1人でシャワーで泣くよりも、みんなと話した方がいいと私は思った」

正しいとか間違っているとか、強いとか弱いとかよりも
やっぱり「優しいという気持ち」は一番大切なものだと感じたシーンでした。

その後、大阪なおみ選手はベンチッチ選手に負けてしまいましたが
ものすごい成長を感じ取れた大会でした。

昨日のトレードは、外出先から戻ってきたらはポンドが動いていて、
スキャルを2回やっただけで、終了しました。


|今日の一言

僕だけが好きなんですよ
十四楼

これ、人生で一番大切なことだと思っています。

ぼくは福助やおめでたグッズを集めていて、いい顔の福助みつけて友人に見せても
気持ち悪いとか、可愛くないとか言われるんです・・・。


巨大なお辞儀をしている福助を発見!

そんな時、すごく嬉しいというか、「僕だけが好きなんだ!」って
心の中で叫んでいるんです!

FXでも以前にトレードを習っていた先生に、トレンドライン を溺愛しているというと
「あんな斜めの線は意味ないよ!」って言われてすごく嬉しかった!

この人、先生なのに、トレンドライン の凄さ、チャネルの凄さわかってねぇ!!って
自分だけの宝物を見つけたようにワクワクしたのを覚えています。

それからは、どんなに意味ないと言われていても
トレンドラインを引きまくって「トレンドライン バカな魔術師」
言われていました。

フラッグや、Wトップでもなんでもいいと思うんですけど
世界中のどこの誰よりもそれを自分だけが好きになれば
トレードをやる目線や相場に対するアプローチなど、すべてが変わってくると
信じてます。

世界の誰よりもそれを大好きな人には、だれも勝てないですから
とにかく、自分の好きなラインでもパターンでも見つけてしまうことが
トレードを好きになり、楽しめるポイントになるんじゃないかと思っています。

(今日の言葉に自分のコメントいれるなよ!って話ですが・・・。)

 


|今日の一曲

エルトンジョンもかなりのマニアでメガネや帽子、靴など博物館に展示できるほど
もっているそうですが、1976年に「ピンボールの魔術師」というザ・フーの曲を
カバーしています。

エルトンの自伝的映画「ロケットマン」もかなりのヒットのようです!

Elton John - Pinball Wizard


本日も読んでいただきありがとうございます。

今日も相場の波に乗って行きましょう!

 

曇りの金曜日、皆様いかがお過ごしでしょうか?
おはようございます十四楼です。w

昨日は、昔住んでいた西荻窪の街を探索&呑みをしてきました。
西荻窪は面白い店がたくさん集まっている通りがいくつもあり
散歩していてもいろんな発見がある楽しい街です。

夫婦喧嘩の絶えない古本屋があるのですが、そこでずっと欲しかった
「打ち出の小槌」を手に入れることに成功しました。

他にもたくさんあるのですが、おめでたグッズがどんどん集まってきている状況です!

西荻でブルーズ呑み屋といえば「ほうぼう屋」はや27年の歴史があるお店です。
BBキングがお出迎え!

ブルーズ好きにはたまらない雰囲気です。
アコギライブなんかもたまに行われる店で、この街に住んでいた頃はよく伺いました。

女性のマスター(スーさん)、多くの飲み物、食事のメニューがあります。
最高のお店です。w
お近くに来られた方は是非!お立ち寄りください。
ほうぼう屋さんHP


|昨日のトレード
ポンオジを狙っているのですが大きなレンジですが、
ボラがあるので
いいポジションが来たら積極的に狙っていける通貨でした。
また、今日頑張りま〜す。


|今日の言葉

"13歳のときだった。6歳の妹にプールの横からどうやって飛び込むかを教えていた。妹は緊張していたので、とても時間がかかった。
大きな公共プールで、そばで75歳くらいの女性が泳いでいた。ゆっくり進み、時々止まってはこちらを見ていた。そうして自分が妹にプレッシャーをかけはじめたときに、泳いでこっちにやってきた。
妹は「だって怖いもん、怖いんだもん」と叫んでいた。すると女性はこぶしを強く振り上げて言った。「そうよ怖がるのよ! でもやるのよ!」
35年前のことだけど、そのことを忘れたことはない。衝撃だった。怖さをなくすことではないんだと、怖いけどやるんだ、ということを。"
(元記事: labaq.com (shin1-pから))

トレードでエントリーが怖いという意見を聞きます。

ネットで調べると、大概はロットが大きすぎるとかルールの検証が
甘いとか出てきます。確かにそれもそうですが、ロットも適正、ルールの検証も
しっかり出来ていたとしてもエントリーは怖いものだと思っています。

怖いというリスクと引き換えに、そのリスク以上のリワードを得れる可能性もあります。それをわかっていてもやっぱり怖い・・・。

結局は、「負けたくないから怖い」ということがわかったので
トレード1つ1つにまったく期待をしないことにしました。

負けるイメージは持たないけれど、勝つことを期待をしない。

僕の場合はそれだけで、全く恐怖心がなくなったのを覚えています。

どんなことだって、相手に期待するから違うことを言われた、されたら
怒りや悲しみにつながる。
最初から期待しなけらば、悲しみは生まれません。

相手を変えることは出来ないけれど、自分を変えることは出来ます。
相手だって、人に変えられたいなんて思っていません。
もちろん自分もです。
なので、自分で自分を変えてパワーアップしていくことが
とても大切だと思っています。

自分の感情よりも相場に従って環境認識の健康状態の
いい時に、いい形の波に乗ることだけと考えてトレードをしていく。

期待しなければ恐怖は消えて、ルールどうりのトレードを
淡々と行なっていける。
トレードは感情の部分が大きいので、そのコントロールを考えて克服
して行くことも大切だと思っています。


本日も読んでいただきありがとうございます。

今週も相場の波に乗って行きましょう!

ご無沙汰しています、伊豆七不思議を探訪している
十四楼といいます、よろしくお願いします。

一般人の夏休みを外し、今週の月曜日と火曜日に西伊豆の方に
懲りずにミステリーツアーに行ってきました。

なんだよぉ〜、また伊豆かよ〜!というなかれ
伊豆って本当に不思議な場所が多く、行くたびに感動して
帰ってきています。

前回は大瀬崎の「神池」を観に行ってきました。
まぁ、不思議な場所でした。

この池を見つめながら、皆様のトレードを祈願してきました。

そして今回は、青の洞窟があるというので魔物が住むという
「堂ヶ島天窓洞」まで行ってきました。
これはもちろん観光ではなく、研究です。


この青さは異常なくらい神秘的でした。
真っ青な海を見つめながら、皆様のトレードを祈願してきました。

そして、夕日も素晴らしいので是非研究に訪れる方は
観てみてください〜!


夕焼けを見ると心が洗われます。海に飛び込んで夕日に向かって泳ぎだしたくなります!!
オレンジな海を見つめながら、皆様のトレードを祈願してきました。


|今日の言葉

「上手にはすきと器用と功積むと この三つそろふ人ぞ能くしる」
千利休

物事が上達するには数奇であること、器用であること、そして功を積むことの
3つが必要である、ということだそうです。

「器用」は茶道具の扱いのことかもしれませんが、
ここでは人使いにおける器用と理解する方が自然です。
そして「功を積む」は努力を続けること。

千利休の作った茶室、「待庵(たいあん)」と呼ばれる
2畳敷の茶室を作ったと言われています。

広さが2畳しかないということに加え、入り口もとても特徴的なんです。実は、「待庵」の入り口は、「にじり口」という低位置にある狭い入り口になっているのです。

利休が、この「にじり口」を設けた理由は、利休が「茶室に入る人間はみな、身分の上下に関係なく平等であるべき」と考えたからと言われています。

というのは、この狭い「にじり口」を通るためには、どんなに偉い人でも、いったん頭を下げて身をかがめなければいけませんし、武士であっても、刀を差したままだとつっかえてしまうため外さないといけないのです。

確かに、身分の差が茶の席にまで及ぶことは、茶の湯を純粋に極めたい利休には
言語道断だったそうです。

そして茶碗も知り合いに作ってもらったもので、高価なものではなかったそうです。
人と人とのコミュニケーションを取る為にお茶というものを用いて、その世界観を日本人に広めていったそうです。
大きく考えると、お茶の作法を広めながら人と人との「心」のあり方を
説いたようにも感じます。

侘び寂びに関しての思想も
「茶の湯の一つの美意識。清楚で質素な生活を宗とし、
物の不足のなかに心の充足と美を求める思想。」

「物の不足」、つまり、過剰なものをそぎ落とした状態の中に、
美しさを見出す心が「侘び」ということ。
「寂び」は、経年変化によって新しい美がそこに備わった状態のことです。

なぜか、トレードをしているとこの千利休の思想が、
とてもしっくりくるように感じます。全てがおもてなしの心で、
自分の欲をすてたその先に美しい相場をトレードして行く・・・。

過剰な欲をすて、美しさを見出す心で
相場に向かっていきたいと思います。


|今日の一曲
西伊豆を車で走っていた時に、地元のFMから流れてきて
かなりいい感じだったのでメモって、帰ってから調べた

PREPの( ft. Cory Wong & Paul Jackson Jr)「Line by Line」をどうぞ!


本日も読んでいただきありがとうございます。

今週も相場の波に乗って行きましょう!

 

2

昨日は電車で打ち合わせに出かけたのですが、行きも帰りも
奇跡的に雨に降られずで助かりました。

駅までの道、向かい風がつよく自転車でずっと漕いでも、10分後に
同じ場所にいることに驚いた十四楼です、おはようございます。

台風の被害がいろいろニュースで伝えられていますが
できる限り、小さな被害であることを願います。


|昨日のトレード
昨日は初っ端のトレードで損切りをくらってしまって、それから微益スキャルと
下記のトレードの3トレードでした。
後から考えると、あまりいい形でないのにトレードしたことに反省でした。


|%R


ラリーウイリアムズ

今日はちょっとオシレーター系のインジケーターを使ってみたいと思います。

この「%R」というインジケーター、正式名はウィリアムズ%Rという名前で

アメリカのリアルマネーコンテストで、自己資金を113倍にまで増やした

ラリー・ウィリアムズ氏の考案したオシレーター系テクニカル指標です。

MT4に「Williams` Percent Range」という名前のインジケーターが
それに当たります。

直近価格の終値を重視しているところが、RSIとは異なりますが、

ストキャスティクスとは同じ計算式を用いています。

トレンドライン をブレイクしたけどエントリーしていいの?
MAがクロスしたけれどエントリーしていいの?

そんな不安な時に%Rがエリア付近からの反転をしたのを確認して
エントリーすると、少しは確信が持てる、そんなフィルターとして
使うのがいいかと思っています。

 

下の図では20MAと30MAがクロスしました、そして
切り上げライン(トレンドライン )もブレイクしてきました。

ここで%Rを確認してみると、上のエリアから反転して下落しているのがわかります。
つまりこの3つが揃った時だけトレードをするというルールを設けると
トレードに確信が持てるかもしれません。

なお、ここではMAを使っているため、MACDやボリンジャーバンドのような
MAとほぼ同じインジケーターを使うのはあまり意味がありません。
ここにプラスして意味があるのはオシレーター系のインジケーターになります。

ダウ理論では高安値切り上がっていて、上昇でいい感じに押し目を作りました。
トレンドライン ブレイク+MAクロス+%Rが下エリアから上昇
この3つが揃ったのでロングエントリー!見事に上昇していきました。

下の図は下落チャネルのなかで
トレンドライン ブレイク+MAクロス+%Rがエリア付近から反転
3トレードすることが出来ました。

しっかり動く時はこの3つがほぼ揃います。
1つでも揃っていない場合はどのような原因があったのかを検証してみると
より理解できるかもしれません。

%R手法ルール
1)トレンドライン をブレイク(トレンドブレイク)
2)20・30MAクロス(押し目反転)
3)%Rエリア付近で反転(「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」を確認)
全てが揃ったらエントリー
4)利益確定に関しては、MAクロスでもフィボナッチ、水平線でもOK!

ぜひ、検証してみてお使いください〜。w


|今日の言葉

"限界とか負けってのとは少しちがって、でも似てることもある。
おれが聞いた市井のひとの話。
戦前、ひとりの若い小学校教師がいて、教えた子供たちの中に、ひとりだけ恐ろしく頭の良い男の子がいて。なかでも算数に長けていて、若い教師が教科書にも載ってないような応用問題を熱心につくり与えると、嬉しそうに解いていたと。
やがて卒業が近づき、上の学校に進んではどうかと尋ねると、生徒は目を輝かせたあとで塞ぎ込み、「そのような金がありません」と答えた。
なるほど。学資の捻出が難しいのかと、今で言えば奨学生のような手筈を整え、その子の家に行くと、両親が落涙とともに「ありがたいことですが、そうではなく、この子には丁稚に出て貰わないと私どもの生活が立ち行かないのです。学校に上がると、この子は稼げません」と頭を下げるばかり。当時ありふれた境遇だったので、では残念ですが、と進学を断念。
やがて戦争があり、戦後の復興、騒乱を経て、日本が落ち着いてきた頃。それまでにも「あの子はどうしているだろう」と折に触れては思い出していた教え子が、風呂敷包みを片手にひょっこり訪ねて来た。
すっかり頭髪も薄くなり、油に汚れた作業着の男は生活に疲れているようすだったけれど、あの利発な面影は目に宿っていた。「先生。お久しぶりです」
もう初老も過ぎ、老人になった、かつての若教師は喜んだ。元気でいたのだ。
むかし利発だった少年が、おもむろに風呂敷包みを広げると、何冊ものノートがあり、「じつは先生。私、どうも変な事を考えてしまって。他に相談する人もいなくて困っていたけれど、もしかして先生ならわかってくださるかも、と思いまして」
そう言って見せてくれたノートの数々は、仕事を終えて毎日ひとりアパートで少しずつ書き溜めたもので、数字に混ざって「甲」「乙」といった記号があり、それは今でいう「X」「Y」などの代数記号のようで、詳しく聞くと、それは二次関数の考察で、解の公式と同じ考えの数式を最後に説明してくれた。「そうですか。やっぱり先生だ。わかってくれた」
人類が何代もかけて編み出した解の公式に、彼はひとりで辿り着いていた。天才だったのだ。しかし、その公式は今ではどこの中学校でも教えているものだ。
「ありがとうございました」
教え子が帰った後、老教師は、たまらず号泣したという。"

— 孤茶と訪問する戦後昭和史2(孤茶篇)

 

終戦の時期なので、TVではさまざまな戦争の記憶が語られています。
ネットでも多くの知らなかった話が出ていて驚きます。

戦後、日本全体が貧しかった時代に趣味の勉強をコツコツと繰り返し
現在では中学で当たり前に教えている、二次関数を考察していった人がいたことは
凄いことだと思いました。

日本で暮らしている以上、日本の都合のいい話、美談ばかりが教科書に載っていて
それはどの国でも同じなのですが、真実は語られていません。

なぜ、中国や韓国は日本を嫌うのか?
そこに「?」と思うならば、他国で習う歴史と日本で習う歴史は全く別物と
思って読んでみると、その違いに驚かされると思います。

戦争は人を狂わしてしまうものだと思います。

 

日々、トレード出来たりビール飲めたり
これって、めちゃ幸せなことなんだなぁ〜と思います。

戦後74年のこの夏、いつまでも平和が続くことを願うばかりです。


本日も読んでいただきありがとうございます。

明日も相場の波に乗って行きましょう!