コンテンツへスキップ

1

いやぁ〜、暑いですね!

みなさましっかり寝れているでしょうか?
ぼくはなぜかエアコン無しでもめちゃ熟睡している十四楼です。
おはようございます。

PCの前にいて、あれ?後ろから扇風機の音が聞こえると思ったのですが
それはPCのファンの音でした。
そっか、PCもこの猛暑でバテているのね、しっかり冷やして
使ってあげなきゃとおもいました。

なんでも、九州の方に台風8号が来ているそうで
最小限の被害で済んで欲しいものです。


|昨日のトレード

昨日も午前中からいい感じに動いてくれました。
市場ではダウ平均株価は今年最大の下げ幅を記録しました。
わずか3週間前にダウ平均株価が史上最高値を記録したばかりのニューヨークでしたが、一転しました。
世界的な景気減速が現実味を帯びてきたことで、比較的安全な資産とされる円も買われていますが、貿易摩擦が為替にも影響を与えているそうです。

今日はちょっと難しい感じもしますが、いい感じのパターンブレイクを狙って
いけたらと思います。


|今日の言葉

"大学の先生の教え。GNN教と呼ばれていた。ありがたや。
1. 人間は弱くて、意気地がなくて、だらしがないものだということを認めましょう。2. 人間能力には差があることを認めましょう。
3. 人間能力の良いところを伸ばしましょう。弱いところを矯正しようとしないように。
4. 人間に能力以上の無理をさせないように。プライドは絶対傷つけないように。
5. 同じことを繰り返しやっている場合には、努力によって能力の差を大きく縮めることができることを知りましょう。
6. 叱咤激励は害が多いのでやめましょう。その代わり、褒めましょう。結果が出るまで待ちましょう。だまされ上手になりましょう。
7. 人間は一人だけではハッピーになれません。皆でハッピーになるように努めましょう。
8. 絶対に落ちこぼれを作らないようにしましょう。最低の人を基準に人を評価しましょう。
9. 常に仕事や生活のやり方の改善をし続けましょう。余裕がなければ何もできません。
10. どうしても余裕がない時は、楽しくやせ我慢をしましょう。
11. 問題解決能力を少しづつ向上させましょう。
12. 何事にも、自分の運命は自分で決めましょう.そして、決めさせましょう。
13. すべての人はそれなりに、合理的であることを認めましょう。そして、相手の価値観を理解し、それなりに認めましょう。
14. 人間は私利私欲に走りたがるものであることを認めましょう。しかし、私利私欲に走ることは、結局私利私欲に結びつかないと知る賢さを持ちましょう。
15. 働・学・遊・美をミックスしましょう。
※GNN=義理人情浪花節です。

— (via kanonica)

このGNN教の言葉はかなり響きました。

「5. 同じことを繰り返しやっている場合には、努力によって能力の差を大きく縮めることができることを知りましょう。」

努力という一言ではなく、好きで楽しいからなんでも繰り返し検証したくなるFXに置き換えると理解出来ます。

「14. 人間は私利私欲に走りたがるものであることを認めましょう。しかし、
私利私欲に走ることは、結局私利私欲に結びつかないと知る賢さを持ちましょう。」

これも、とってもよくわかります。

FXもそうなのですが、Aを求めているとして突っ走ってもAはなかなか手に入らない、でも、その前にBを考えてみたり、Aを人に渡したいと思っていると、いつの間にかAが手に入っている、自分の欲で求めている時ってどんどん遠ざかっているくのに・・・不思議な心理です。

FXでは本当に考えかたが大切です。冷静な考え方を学んでいきましょう。

トレードしていない時間が、実はトレーダーの仕事の時間だと思っています。
大切に時間を使って行きましょう!


本日も読んでいただきありがとうございます。

今週も相場の波に乗って行きましょう!

おはようございます。

暑い日がつづいていますが皆様いかがお過ごしでしょうか?
こんにちは十四楼です、今週もよろしくお願いします。

今日は以前ストックしておいたクリスマスの話を1つ。

この暑いさなか、クリスマスの噺?

これだけで、涼しくなれるかもです。w


|今日の噺

「悪いけど、金はここじゃあまるっきり関係ないんだ」

ほう、そうかい。そこまでいうんならお前さんの知ってるその秘訣とやらを話してみろよ。聞いてやろうじゃないか。

「いいだろう。あれはもうずいぶん昔、おそらく30年ぐらい前のことだと思う。

クリスマス・イブの前日で、さっきもいったように、俺は、叔父貴の酒場の隣にある空地で(クリスマスツリー用の木の販売の)店番をしてたんだが、もう2時間ぐらい客足が途絶えたんで、あと30分くらいしたら店を閉めようと思ってたんだ。

たぶんツリーの木はまだ2ダースぐらいは残ってたと思う。だが、何本かを除けば、あとは、見るに忍びないような木がほとんどだった。イブの前日ともなると、残ってるのは、ほかの客が何度も手に取ってふるいにかけたものばっかりだったからな。

だが、俺が手持ち無沙汰でストーブのそばに立ってると、若いカップルが一組やってきて、木を選びはじめたんだ。

名前は知らないが、俺は、そのふたりが、通りのはずれにある、その界隈じゃいちばんみすぼらしい三軒長屋の地下室に住んでるってことは知ってたんだ。
男のほうは喉ぼとけがやたらにでかくて顎の尖った痩せこけた男だった。まあ、ひと言でいやあ、目をそむけたくなるような奴さ。女のほうは、まあまあの線はいってたが、ふたりとも身なりは、救世軍の倉庫の地下室から抜け出てきたようなみすぼらしい有様だった。
おまけに、外は、魔女の足もあじかむぐらい寒いってのに、ふたりとも手袋もはめてなけりゃ、まともな靴も履いちゃいないんだ。若いカップルが金に困ってるのは、まあ、一目瞭然だったよ。

だが、とにかくふたりは、ツリーの木を手に取って、前から見たり後ろへまわって見たりしはじめたんだ。ほかの人間がみんなそうするようにな。しばらくしてふたりは、かなりまともな部類に入る木を見つけたよ。もちろん、文句のつけようがないってわけじゃなかったが、悪くはなかった。で、ふたりは俺に値段をたずねたんだ。

たぶん値段は、8ドルか9ドルだったと思う。だが、俺が値段を告げると、若いカップルはなにもいわずにその木を下に置いて、別の木を探しはじめた。おそらく、そこにあった木は全部見たんじゃないかな。といったって、さっきもいったように、まともな木はたいして残っちゃいなかったんだ。それでも、彼らは、俺が値段を告げるたびに、残念そうに首を振りつづけた。

結局、ふたりは俺に礼をいって行っちまった。だが、歩道に出ると、女のほうが男になにかささやいて、その場で相談を始めたんだ。そして、しばらくすると、男のほうが肩をすくめて、若いカップルはもう一度俺のところへもどってきたんだ。

俺はたぶん、まともな木のうちの一本を買うことにしたんだろうと思った。
ところが、あにはからんや、ふたりは、そこにあった木のなかでもいちばん惨めな木のほうへ歩いていったのさ。その木は、片側は申し分なかったが、反対側の枝が半分くらいなくなっちまってたんだ。

ふたりが値段を訊いたから、俺は、その木なら2ドルでいいけど、その木じゃ、どんなに念入りに飾りつけをしても、見映えがするようにはならないだろうって忠告してやったよ。

ところがそのカップルは、もう1本、やっぱり惨めといってもいいくらいお粗末な木を俺のところへ持ってきたんだ。そいつも前の木と同じさ。片側は枝が生い茂っているが、反対側にはまばらにしか枝がついてない。
だが、いくらだって訊かれたから、俺はいちおう、そっちも2ドルでいいと答えたよ。

そしたら、女のほうが男になにか耳打ちして、男のほうが俺に、2本で3ドルでどうかって訊いてきたんだ。
俺がなんて答えたかって? 決まってるじゃねえか。どっちにしたって、そんな木には買い手がつきっこねえんだ。俺はそれで手を打ったよ。だが俺はもう一度ふたりに、そんな木を2本買うより、あと何ドルか出して、まともな木を1本買ったほうがいいって忠告してやったんだ。

だが女のほうは、黙って笑って、ちょっと試してみたいことがあるの、といっただけだった。ふたりは3ドルを俺に渡して、1本じつの木を持って帰っていったよ。

—————

その翌晩だったかな。たまたまその若いカップルが住んでる建物の前を通りかかったんで、それとなく、地価にある彼らの部屋の窓のほうを見たら、そこにツリーが見えたんだ。

もちろん全部が見えたわけじゃないが、少なくとも窓から見える部分は素晴らしかった。

明かりがついてたから、俺は、ええい、このさいだ、と思って、彼らの家の玄関の扉をたたいてみたんだ。

そして、ドアを開けてくれたふたりに、外からツリーを見て、どうしたのか知りたかったもんだからというと、彼らは俺をなかに入れてくれたよ。

入ってみて、俺は腰が抜けそうになるくらい驚いたね。そりゃあそうさ。なにしろ、彼らの狭い部屋のなかには、それまでに俺が目にしたどんなツリーよりも美しいツリーがあったんだからな。まるで、こんもりとした森と見まちがうほど枝が生い茂っていて、幹なんかこれっぽっちも見えやしなかった。

ふたりは、驚いている俺に、その世にも美しいツリーの秘訣を教えてくれたよ。

彼らは、2本の木の幹を、枝ぶりの悪いほうが内側になるようにしてくっつけて、それを針金で固定してたのさ。
だが、外側は枝ぶりがいいから、ふたつ合わせれば、外からは針金が見えない。さっきもいったように、外側は、その木1本だけで小さな森みたいに見えたもんさ。

そのツリーの出来映えにふたりがあんまり嬉しそうだったもんだから、おかげでその週はこっちまでずっといい気分で過ごすことができたよ。
それに、あのふたりが現れなかったら、まちがいなく捨てられてたと思う、あのみなし児みたいな2本の木のことを考えても、やっぱり俺の気分は弾まざるをえなかった。

—————

これが俺の知っている、誰も見たことのないような美しいツリーの木を手に入れる秘訣だよ。

完全じゃない、欠点のある、見てくれもよくない、誰も欲しがらないような木を2本手に入れる。だが、そんな木でも、うまく両方のいいところをくっつければ、人も羨むような美しいものを作り出すことができる。

人間の場合と同じことさ。ちがうかい?」
— クリスマス・コラム:小鳥ピヨピヨ (via petapeta)

この噺、なんとなく童話チックで感動したのですが
これ、かなりFXにも置き換えられる感じもしました。

ダウ理論だけでも勝ち続けることは難しい・・・。
なにかのインジケーターだけでも難しい・・・。

それでも、その欠点を補う2つを合わせると思った以上に
理想的な自分だけのオリジナル手法って出来たりします。

そこまで行ったら手法探しは終了で、その手法をつかった
自分なりの環境認識、トレード手法を極めていくだけです。
最初に狙うのは1つでいいと思いますが、それが出来たら
レンジでもトレンドでもへばりーでも・・・・と
狙い方を考え、検証して行ってバリエーションを増やしていく。
もちろん1つだけを極めてもいいとおもいます。

とにかくシンプルにシンプルに、やることを絞ることです。

他の家のクリスマスツリーを探しにいく必要はないってことです。

自分の家に飾った自分たちのクリスマスツリーの輝きを
堪能するだけで十分だと思っています。


本日も読んでいただきありがとうございます。

今週も相場の波に乗って行きましょう!